さあ恋まあ愛

コーヒーを飲みながら

読了までの目安時間:約 2分

 

初めてコーヒーを飲んだのは幼稚園児のときでした。我が家でコーヒーメーカーを買い両親が朝食時に飲むようになったのがきっかけです。両親から子供には苦くて飲めないと言われたのです。子供ですもの、そういわれて飲まないわけがありません。母が砂糖とミルクを入れるように説くのも聞かず無謀にもブラックで美味しくないと思いながら飲み干しました。美味しかったと言いながら。それでも母は、やはり母。ごく薄めに作ってくれていたように思います。そんな悪い出会いにもかかわらず今はコーヒーを飲まない日はありません。昔はあまり美味しくないインスタントばかり飲んでいました。その後、イタ飯ブームでエスプレッソを知り、手軽に入れられるパックのレギュラーコーヒー、スターバックスの日本上陸。マクドナルドの100円コーヒーで衝撃を受けて、今度はコンビニの挽きたて淹れたてコーヒーです。日本で暮らせることがありがたいと思えるほどコンビニコーヒーのお世話になっています。私はエスプレッソを飲んだときに苦くなければコーヒーじゃないと心に決めていました。でも、今は香りがあるコーヒーが好きです。また新しくブルーボトルコーヒーさんが日本に来ることで変わるかもしれません。わざわざ飲みにいくほどではありませんが生活圏内に入ってきてくれたら是非行ってみたいです。

 

未分類   コメント:0

今年もテニス一色

読了までの目安時間:約 2分

 

私は学生時代テニスクラブに入っていたため、自らプレイするのはもちろんだがテニス観戦をするのが大好きである。
テニスといえば昔から有料放送のWOWOWで放送されたことも知っていたため、高校の時にWOWOWに加入しアルバイトしたお金を全て視聴料にあてたくらいだ。
常にトップテンに入っている有名選手はどの人も魅力的で試合のたびにまたファンにさせられるが近頃本当に嬉しく感じるのは錦織圭選手を中心とした、日本人の活躍だ。
昨年は日本中が錦織フィーバーに燃えたが、私は他の日本人選手にも注目していただきたいと思っている。
40歳を超えても未だ現役のクルム伊達公子選手。通常四大大会と呼ばれる大きな大会には、予選もあるが通常上位100位までの選手しか本選一回戦にはエントリーできない。
100人も出られると思われるかもしれないが、プロテニスプレーヤーは女性だけでも数千人いるのだ。そして100位以内に入るには、常に大会でよい成績を残していかなければならない。
彼女の最後まで諦めないプレイスタイルには、毎回感動とパワーをもらえる。私も40歳を超えたときにあれほどキラキラしていたいものだ。
日本人一人ひとりの活躍が今年も楽しみであるが、この活躍を見てテニスを始める人が増えたというニュースを見て、それ以上に嬉しく感じている。

 

未分類   コメント:0

どうする育児

読了までの目安時間:約 2分

 

最近娘がハイハイ?つかまり立ちと、急激に成長した。できることが増えて嬉しいのか、本人も掴まれるところを探しては立ち、本当に目が離せない。
早いなー。
成長していくのがこんなに早いなんて、産む前は想像していなかった。
すぐ走り回るようになり、学校に通うようになり、娘自身の世界が出来上がってくのだろう。嬉しい反面、早すぎてちょっと寂しくもなる。
でもしかし、娘がちょっと大きくなったら、携帯をいつ持たせばいいんだろう?いきなりふと疑問に思う。
わたし自身が子供のころは、携帯自体が存在しなかったから、思い出しても参考にできず。
ニュースを見てると、ネットを介しての出会いや揉め事のニュースが毎日のようにやっていて、気持ち的には持たせたくないのが正直。
家電話でなく携帯で連絡をとるようになると、娘の交友関係もまったくわからなくなるし、、
でも、今の時代はみんなスマホくらい持ってるのが当たり前になっているし、やはり連絡取り合うのには便利だから、結局持たせることになるのかなぁ。
こう考えると、自分が育った母の子育て方法が、今の自分の娘には通用しないことだらけかも。
通用しないに加えて、わたし自身わかってない。
意識してたくさん家族でコミュニケーションをとっていきながら、模索していくしかないですね。。
母の悩みは尽きません。

 

未分類   コメント:0

腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動

読了までの目安時間:約 2分

 

腹筋ダイエット運動でお腹のたるみを引き締めるものには腹直筋を鍛えるものもあります。片足で立つことによってお尻の筋肉を使いつつ、蹴るような足の動きで腹直筋を強くします。ダンベルを持って腕を前にもったままキープするので、肩の筋肉や二の腕の引き締めにも効果があるようです。ダンベルは1〜2�のものを一つ用意し、両手で持ちます。足は肩幅に開いて、姿勢を正して真っすぐ立ちます。手は前方に、足は左足を90度に曲げながら右足を後ろに引き、右足の裏をできるだけ伸ばします。右膝が伸びている腕に触れるくらいに体を伸ばし、ゆっくりと元の姿勢になります。肩に力が入らないようにしましょう。左右同じ動きを30回ずつ繰り返します。負荷をかけるだけではなく、筋肉を使っているという感覚を感じられるのではないでしょうか。ダンベル自体の重さや勢いを利用して運動をすると筋肉に負担がかからないので、重みに振り回されないような運動をします。反動を使わないようにゆっくりと筋肉を意識して動くとで、より腹筋ダイエットに効果があります。腹筋ダイエットは、毎日継続できるかどうかが大事になります。腹筋を使った運動を長く続けることができれば、腹筋の割れが見た目でも確認できるくらい脂肪を消費することが可能です。腹筋ダイエットをコツコツ続ければ、お腹のシェイプアップも可能です。

 

未分類   コメント:0