さあ恋まあ愛

腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動

読了までの目安時間:約 2分

 

腹筋ダイエット運動でお腹のたるみを引き締めるものには腹直筋を鍛えるものもあります。片足で立つことによってお尻の筋肉を使いつつ、蹴るような足の動きで腹直筋を強くします。ダンベルを持って腕を前にもったままキープするので、肩の筋肉や二の腕の引き締めにも効果があるようです。ダンベルは1〜2�のものを一つ用意し、両手で持ちます。足は肩幅に開いて、姿勢を正して真っすぐ立ちます。手は前方に、足は左足を90度に曲げながら右足を後ろに引き、右足の裏をできるだけ伸ばします。右膝が伸びている腕に触れるくらいに体を伸ばし、ゆっくりと元の姿勢になります。肩に力が入らないようにしましょう。左右同じ動きを30回ずつ繰り返します。負荷をかけるだけではなく、筋肉を使っているという感覚を感じられるのではないでしょうか。ダンベル自体の重さや勢いを利用して運動をすると筋肉に負担がかからないので、重みに振り回されないような運動をします。反動を使わないようにゆっくりと筋肉を意識して動くとで、より腹筋ダイエットに効果があります。腹筋ダイエットは、毎日継続できるかどうかが大事になります。腹筋を使った運動を長く続けることができれば、腹筋の割れが見た目でも確認できるくらい脂肪を消費することが可能です。腹筋ダイエットをコツコツ続ければ、お腹のシェイプアップも可能です。

 

未分類   コメント:0